なぜZ-Systemsなのか?

確かな科学的検証に基づいた、独自の製品ラインナップや個別のアドバイスを提供し、常に革新を続けています。お客様の満足こそが私たちの目標です。 信頼性の高い安全な素材と設計を実現するには、長い道のりを経る必要があります。 当社は、著しい品質要求に従い、継続的な開発を
行っています。

Z-SYSTEMSインプラントは、

純粋な酸化ジルコニウムの高性能セラミックで作られており、チタン製のインプラントよりも多くの点で優れています。

より自然に。

骨と歯ぐきは、酸化ジルコニウムセラミックスとよりよく融合します。

より健康に。

Z-SYSTEMSのインプラントは、金属を含まず、生体適合性があり、熱や電気エネルギーを伝えないという特徴があります。

よりサステナブルに。

チタンに比べ、プラークの付着が少ない。これにより、インプラント周囲炎だけでなく、心疾患や脳卒中などのリスクも軽減されます。

もっと強く

セラミックはチタンよりはるかに強い。

より美的に。

白い素材のため、歯茎が痩せていたり後退していても、グレーの影が見えません。

より見やすくなりました。

セラミックインプラントは、X線に対して不透明であり、危機的な状況でも認識しやすい。

 

Zirkolith®セラミック製インプラントによる最高に美しい結果

歯科用の酸化ジルコニウム製セラミックは、さまざまな品質で入手できるようになりました。 Z-SYSTEMSのインプラントは、Zirkolith®という独自のプロセスで作られています。 Zirkolithは、当社での開発、材料加工、品質保証の分野での、15年間にわたる研究の成果が反映されており、以下の主要な利点があります。

  • 破断強度は製造工程に依存します。 Zirkolith®セラミックインプラントは、いくつかのステップに渡って慎重に製造された後、処理されます。
  • Z-SYSTEMSが開発し、特許を取得したSLM®表面は、マクロとマイクロの粗さを増やし表面の拡大を実現します。 SLM表面により、骨の結合が改善されます。 最新世代のZirkolith®セラミックスでの回復率は98%を超えており、主要なチタン製インプラントに匹敵します。
  • Zirkolith®セラミック製のインプラントはプラズマ滅菌されています。プラズマ滅菌は素材に優しいです。
  • Zirkolith®セラミック製のインプラントは、天然の歯と同様に口の中で研磨することができます。 これにより作業が簡略化され、広範囲のアクセサリーが不要になります。

Z-SYSTEMSの利点。セラミックインプラントの概要

✓チタン製インプラントと同等の生存率✓親水性SLM®表面により骨結合を確保

✓インプラントとアバットメントを準備可能✓チタンよりも素材の強度が高い

✓プラークはより少なく、歯茎への取り付けはより優れている✓審美的結果の持続

✓ 導電性なし、電気素子なし、電流なし

 

素材

Z5インプラントはすべて、TZP- A Bio-HIP®酸化ジルコニウムから作られています。 「ホット・イソスタティック・ポスト・コンパクト化」工程により、素材の屈曲強度は、従来使われてきたチタンよりも、はるかに高くなります。 この工程では、トンネルオーブンで2000気圧、3日間焼成することで素材を高密度化し、性質を大幅に向上させます。

インプラントだけでなく、外科領域に直接触れる器具は、すべて酸化ジルコニウムで作られています。 切断器具は、高強度のATZ高性能セラミック(アルミナ強化酸化ジルコニウム)で作られています。 酸化アルミニウムで強化された酸化ジルコニウムは、ドリルやタップの製造に最適です。 これらのATZドリルは、優れた裁断性能と低摩耗を備えています。 メスとラスパトリーは、射出成形工程を通じて酸化ジルコニウムから製造されます。

生体適合性と骨の統合

歯科治療で長年利用され、整形外科でも使われている酸化ジルコニウムは、生体適合性が高いことが知られています。 これは多数の臨床研究で証明されています。

酸化ジルコニウムの骨との結合は市販の純粋なチタンに匹敵します。 セナーバイら(スウェーデン、ヨーテボリ)は、表面が粗い酸化ジルコニウムインプラントの除去トルクが、表面が粗いチタンインプラントの除去トルクと6週間後に同等であることを動物実験により示しました。

ゲハルトら(ドイツ、ミュンヘン)は、表面を粗面化した酸化ジルコニウムインプラントが、機械加工した酸化ジルコニウムインプラントよりも安定性が高いことを動物実験で示しました。 表面を粗くすることで骨との密着度が高まり、除去トルクに良い影響を与えます。

素材構成をPDFで見る

Z-SYSTEMS製品について詳細をご覧ください